ワラビで収益化

スポンサーリンク
農業のお話

4月にメインの収益となるありがたい「ワラビ」。

ど素人の私が数少ない収入を得た経験のある作物です。そんなワラビの本格的な収穫が目前ですので今日はワラビの収益化について書いていきたいと思います。

ワラビとは?

ワラビはシダ植物の一種で草原・谷地・原野などの日当たりの良い所に群生している山菜です。まだ葉の開いていない若芽(葉)を採取して食用にします。根茎から取れるデンプンを「ワラビ粉」として使用する事もあるそうです。

ただし、プタキロサイドという毒性がある為に生のままでは食べることができません。

あく抜きや塩漬けをして無毒化した後におひたしや漬物にして食べる事が一般的です。

ワラビでどのくらい稼げる?

一番気になるワラビでどのくらい稼げるかという事ですが、結論としては「やればやるだけ稼げる」です(笑)

ワラビが取り切れないほど生える土地を持っている事が前提ですが、ワラビを収益化する為に必要な作業は

  1. ワラビを採取する。
  2. 同じくらいの長さにまとめる。
  3. 袋等で梱包する。

大まかに分けると以上の3つです。

当たり前ですが、この3つの作業の時間が取れれば取れるほど収益にできます。

ただ、週末農家の私たちがこの作業にかける時間は限られています。

私の場合は妻が専業主婦ですので平日は昼の間に山で採取してもらっておいて、私が帰ってから梱包までを夜に行う分担作業をしています。

家族の方が時間が取れない場合は、本業終了後に早く帰宅して1時間程度で採取しておくか(今くらいだと18時くらいまでは明るい?かな)、休みの日のみになってはしまいますね。

ですが私の経験上、土日のみの稼働でも半日づつくらい時間が取れれば月1万円は余裕で売り上げる事ができると思いますよ。

収穫時期は?どのくらいで売れる?

新芽が出るのは春です。

私の住んでいる地域では3月の終わり頃から出始めて、ゴールデンウィークくらいまでは収穫できます。

金額は1袋300グラムで100円~150円くらいでしょうか。

出始め頃はやはり珍しいのか高価格でも売れます。

4月に中旬くらいになると出荷するライバルも増えてくるので120円~100円程度に落ち着きます。

平均120円が83袋で10,000円。1ヵ月を4週で考えると1回の週末で20袋ならできない数ではないのでは。

ただ、やはりそれ以上となると平日の稼働が必要ですかねー。

まとめ

週末の採取と出荷だけで月10,000円の売上は決して無謀な金額ではないと思います。

土日半日づつしっかり働いて、あとの半日はゆっくりできますもんね。

気を付けることは「マダニ」!!!

山にはマダニがたくさんいますから必ず袖のある服装で行ってください。私の妻は昨年マダニが腕に嚙みついていたのがトラウマで山には入らなくなりました…。

今年は気分一新して採りに行ってもらいますけどね!!

私の目標は月20,000円!皆さんも一緒に頑張りましょう!!!

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました